耳垢の役割とお掃除の頻度

こんにちは。

ご訪問ありがとうございます。

やまねこの手 山田裕子です。

 

耳垢の役割…そんなんあるの?

って思われた方多いかな?

垢って、新陳代謝で古くなって不要になった表皮ですね。

それが剥がれ落ちる。落ちてくれないとかゆくなるし、固くなって黒ずんでしまいますね(*_*) 汗や脂質成分、外界からの汚れが混じっているからね~。

お耳の中の垢も新陳代謝で古くなって不要になった上皮、外耳道の皮脂腺と耳垢腺から出る分泌物と空気中のちり・ほこりが混合したもの。

やっぱり溜まるとかゆくなるんですよね~。

通常、耳垢は耳の穴(外耳道)の外側1/3で作られ徐々に手前の方に移動し取りやすくなっています。

外耳道には自浄作用があり、外耳道の毛により自然に押し出される仕組みになってるんですよ~。

なので、耳掃除の必要が無い!と昨今言われるようにもなってますね。

さらに、本題の耳垢の役割って言うのがあって、耳垢は酸性で細菌や真菌発生を抑えてくれてます。タンパク質分解酵素も含み殺菌作用もあります。含まれている脂質によって皮膚の乾燥を防ぎ表面を保護してくれています。

なんと、耳垢って素晴らしい!もう耳くそ!なんて呼んでられない感じです。

それだけ、お耳って大切な器官なんですね。

じゃあ、耳掃除は必要ないね。しない方が良いね。ってこと?

いえいえ、イヤーセラピストの見解から言いますと、

2週間に一度の頻度で耳垢が出る外耳道1/3の耳垢は優しくお掃除してあげてください。

先にも書きましたがお耳には、自浄作用があるので、頻繁にする必要はないです。

ただね、現代人、イヤホンをしたりする方多いですよね。

ちり・ほこりも細かく強烈なのが飛び交ってますよね。お耳の中に入っちゃって上手く外に押し出せなくもなっているかもです。

さらに、歳を重ねると自浄作用が落ちて上手く外に押し出せなくなってきます。それで、耳垢栓塞にもなって聞き取れない耳になって、それが原因で認知症が進むことがあるようです。

やまねこの手サロンで行うお耳掃除は、耳の穴1/3あたりを細い耳かきで優しくマッサージして、浮き上がった耳垢を耳垢水という耳垢を柔らかくし、皮脂汚れも取れる液体を浸み込ませた細い綿棒でふき取っています。

プロのお耳掃除は痛くなく、むしろ耳の中にある迷走神経を刺激するのでとても気持ち良くリラクゼーションに誘います。睡眠モードに入って眠ってしまう方も多いです。

外から見えるお耳の穴。エチケットとしても綺麗しておきたいですよね(*^▽^*)

 

ただね、お耳そうじが気持ち良くて毎日ほじほじ、こりこりするのはNGだな(*_*)

次回、その理由を書きますね(*^▽^*)

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

★各イベントの事前予約・サロンでのご予約、お問い合わせを承っております。お気軽にお問い合わせくださいね。予約、お問い合わせは下記まで↓

Tel: 090-1586-0869

Mail: nanchatte-yamazabi@docomo.ne.jp

*施術中はお電話に出ることができません。メッセージを残してくだされば、こちらからお電話をさせていただきます。

場所:八幡市橋本新石・・・ご予約をいただきましたら、番地までお伝えします。

自宅サロンでのご予約は「公式アプリ」からが便利です。是非、登録してくださいね。ポイント特典もあります。

公式アプリ:

https://s.yamanekonote.net/wvi4oA

やまねこの手 自宅サロン

アクセスはこちら。

ブログ:https://yamanekono-te.com

facebook :facebook.com/yuko.yamada.9883

Instagram :Instagram.com/yuko.yamada.9883

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。