未病ケア

こんにちは。

今日もご訪問ありがとうございます。

やまねこの手 山田裕子です。

 

年を重ねると、身体の無理がきかなくなって、疲れやすくなったり、あっちゃこっちゃ痛くなったりしちゃうんですよね(*_*)

アラフィフに近づくとホルモンバランスも崩れ出して何だかね~(*_*;

病院へ行くほどでもないけど、調子が悪い。行って検査をして何処も異常は無いのに色んな症状があって辛い。心身ともに、揺らいでしまう。

私も揺らぎ世代に突入して色々洗礼?を受けました。

一晩寝たら復活!できた若い頃が懐かしいです(;^ω^)

未病

健康とも言えないが、病気ともいえない状態のこと。

東洋医学では女性は7の倍数、男性は8の倍数の年齢の時に節目を迎え、体に変化が訪れると言われています。

女性の場合、35歳あたりから容姿の衰えが見え始め、42歳あたりから白髪が目立ち始め心身の不調が起こりやすくなって、49歳あたりで閉経前後の心身の不調が起こりやすくなって、56歳あたりで体力の低下が目立ち始め、63歳あたりから慢性疲労、不眠が起こりやすくなって・・・って感じ。

う~ん、思い当たる。

この加齢の変化を調整して維持してさらに元気を高めていく心がけをしていきたいものです。

その為に毎日の生活で心がけたいのが、「睡眠」「運動」「食事」「感情」

睡眠は気=エネルギーを補います。よく寝て~

食事は気=エネルギーを補います。バランスよく美味しく腹八分~

運動は気=エネルギーを巡らせます。動いてストレッチして血流良くして~

感情は気=エネルギーを整えます。心穏やかに~笑って~笑う門に福来る~

うん、どれも大事です。

さて、イヤーセラピーでも、歳を重ねていく中での体の変化を調整し維持し高めていくサポートをします。

耳には全身に繋がるツボが200以上あります。耳たぶリフレ(お耳全体をマッサージしたり引っ張ったりします)をしていきます。

これで、体全体の気=エネルギーを巡らせながら、体の不調、痛みを緩和したり、自律神経を調整したり、リラックスできるように誘います。

当然、内臓のツボもあってしっかり指圧マッサージしていきます。

35歳あたりから始まる老化への道、この老化を遅らせる臓があります。

それは「腎」

腎は生命力のもととなる臓で成長、発育、生殖に関わっています。生命活動の原動力を提供するとともに、体内の水分の働きに大きな影響力をもっています。

逆を言えば加齢とともに腎の働きが弱るから老化が始まる出すとも言えるので腎の働きを良くしてあげるんですね。

慢性疲労、神経衰弱、集中力の低下、めまい、耳鳴り、眼精疲労、冷え性、浮腫み、泌尿科系の疾患、生殖器系疾患、抜け毛、骨粗しょう症などがあれば腎の働きが弱ってるいるかもですね。

イヤーセラピーは、未病ケアにもお耳からのアプローチで良い睡眠を取り、老化を遅らせ、健康と美容を維持し高めていくサポートをしていきます。お試しくださいね。

因みに腎の感情は恐れです。何かに怯えていたり、あがり症の人は腎が弱っているかも。

腎の働きを補う食べ物は黒いもの。黒豆、黒ゴマ、若芽。ねばねば食品。山芋、納豆。

腎を養生することは加齢に伴う老化の速度を緩めることになります。耳ツボジュエリー・オリキュロミラクルストーンでも腎のツボにペタ!24時間、約一ヶ月腎を刺激して働きをサポートします。

腎は黒いもの。ってことでオニキスはいかがかな?オニキスはネガティブから守ってくれますよ~。

 

 

サロンでのご予約、お問い合わせも承っております。お気軽にお問い合わせくださいね。予約、お問い合わせは下記まで↓

Tel: 090-1586-0869

Mail: nanchatte-yamazabi@docomo.ne.jp

*施術中はお電話に出ることができません。メッセージを残してくだされば、こちらからお電話をさせていただきます。

八幡市橋本新石・・・ご予約をいただきましたら、番地までお伝えします。

 

やまねこの手 自宅サロン

アクセスはこちら。

ブログ:https://yamanekono-te.com

facebook : facebook.com/yuko.yamada.9883

Instagram : Instagram.com/yuko.yamada.9883

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。